前の記事 カテゴリー[ 校長講話 ]

瑞宝小綬章受章 : 2022 / 5 / 2 (月)

2022年 春

玉手 健裕 校長先生 瑞宝小綬章 受章

功績の概要

 昭和47年4月、現在の京都暁星高等学校の前身である暁星女子高等学校(京都府宮津市)英語科教諭として着任。当時、昭和50年代は戦後のベビーブーム世代が終わり、生徒減期に入る時であった。したがって、過疎化と不景気にあえぐ丹後地域に建つ私立学校である同校は、同人の着任当初から現在に至るまで、常に存続の危機と隣り合わせにあった。同人の功績は厳しさの極みにあるその中で、創立理念に徹し、一点、生徒一人ひとりと向かい合う学び舎としてのみ、その存在意義と価値を見いだし教育を展開する同校の教務主任また校長として、着任から現在に至る49年間、心血を注ぎ続けた点にある。

栄誉に関する事項

平成 9年11月25日  京都府知事表彰(永年勤続表彰)
平成14年11月 3日  京都府私立中学高等学校連合会会長表彰(30年勤続表彰)
平成26年11月 1日  京都府知事表彰(教育功労者表彰)
平成30年11月30日  文部科学大臣表彰(教育者表彰)

閲覧(324)