感染症による出席停止について

感染症による出席停止について

・ 感染症に感染した場合は、本人の健康回復と周囲への感染防止のため、学校保健安全法の規定により、医師が感染のおそれがないと認めるまでの期間、出席停止となります。
・ 感染症の診断を受けた場合は、速やかに学校へ連絡してください。
・ 主な出席停止となる感染症及び出席停止期間は、次のとおりです。
 
病名 出席停止期間の基準
 インフルエンザ  発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日を経過するまで
 百日咳  特有の咳が消失するまで、
 または五日間の適正な抗菌薬療法が終了するまで
 麻疹  解熱した後三日を経過するまで
 流行性耳下腺炎  耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が始まった後五日を経過し、
​ かつ、全身状態が良好となるまで
 風疹  発疹が消失するまで
 水痘  すべての発疹が痂皮化するまで
 咽頭結膜熱  主要症状が消退した後二日を経過するまで
 結核  病状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで
 髄膜炎菌性髄膜炎  病状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで

※ 第二種感染症の出席停止期間(学校保健安全法施行規則、2012年4月改正)